カテゴリ:ロッドビルディング( 9 )

 

6'3'' #3 4pc 丸竹ロッド
2011年 06月 02日

2011年5月に完成。
ショートパックロッドを作って見た。
フェルールは今までのようなグラスソリッドを使用するのを止めてみた。
e0173794_2346858.jpg

トップガイドおよび各ピースフェルール付近。
トップ部分についてはガイド2つ分を真竹の削り穂としている。
シングルフットのガイドについても細身のステンレス線で自作してみた。
e0173794_23465036.jpg

今回はリールシートを竹で作成した。
e0173794_2347196.jpg

[PR]

by ff_and_ski | 2011-06-02 23:47 | ロッドビルディング  

もう少しで完成
2011年 01月 30日

切れ端を利用した4ピースパックロッドがガイドラッピングを残すのみとなった。
繋いで長さを測ったら6.3feetほどに。
ガイド無しで振った感じはかなり良く、ガイドをつけた時点ではベストかも。
石徹白の峠川の上部の木の下を狙うにはちょうど良さそう。
e0173794_2121289.jpg

[PR]

by ff_and_ski | 2011-01-30 21:21 | ロッドビルディング  

丸竹ロッド 7feet #4 3pc
2010年 12月 05日

2010年12月にやっと完成。
2010年の石徹白フィッシャーズホリディに間に合わせたロッドだった。
それからトップ部分を再作成し平谷湖フィッシングスポットで1日使用して使えると判断してとりあえず完成です。
e0173794_221479.jpg

グリップとリールシート部分の作り。
トップ部分にはいつものグラスフェルールを止めて並み継ぎにした。
これはトップ部分の質量を少しでも減らしたいという考えからだが使用感として不安はあまりない。
e0173794_2222717.jpg

トップおよびストリッピングガイド付近。
トップ部分についてはガイド2つ分を真竹の削り穂としている。
シングルフットのガイドについても細身のステンレス線で自作してみた。
e0173794_223084.jpg

フェルール付近。
e0173794_2232467.jpg

[PR]

by ff_and_ski | 2010-12-05 22:03 | ロッドビルディング  

4ピースパックロッド
2010年 11月 01日

丸竹ロッドを作成したときに出る切れ端が沢山ありますので、これを組み合わせてパックロッドの製作を始めた。
予定しているのは#3の6.6ftぐらい。
e0173794_2244713.jpg

今まではフェルールをグラスソリッドで製作していたがグラスソリッド自体の重さでロッドバランスが変わってくる。
マルチピースとなれば無視できなることから、今回はそのまま並継ぎにした。
e0173794_22495043.jpg

初めての試みはロッドバランスはどうなるかな。
[PR]

by ff_and_ski | 2010-11-01 22:50 | ロッドビルディング  

新作丸竹ロッド
2010年 04月 04日

今年の新作丸竹ロッドでの試し釣りを近場へ出かけたのですが、生憎の強風のためにあまりテストできなかった。
e0173794_2310238.jpg

もちろん魚を手にすることもできなかったので掛けたときの調子はわからずままとなった。
e0173794_23101943.jpg

ロッドの調子としてはちょっとラインを長めに出したときの最後のターンオーバーがイマイチ。
トップからちょっと下の復元能力がロッド全体の復元より弱いのだろう。
いかにして作り直すかだ。
e0173794_23103318.jpg

川沿いの桜も満開です。
[PR]

by ff_and_ski | 2010-04-04 23:11 | ロッドビルディング  

丸竹ロッド製作 - 再開
2009年 11月 28日

スキーシーズン突入前のこのヒマなひと時。
今年も昨年以上の暖冬でスキー場オープンが「雪が降り次第」とか。
それでロッド作りを再開。
こんどはグリップを竹で。
e0173794_15413750.jpg

繋ぎ方はこんな方法で。
e0173794_15421886.jpg

こうなるとリールシートをどうしようか悩む。
が、今年みたいに解禁までに間に合わないかも。
もちろん長良川解禁以降です。
[PR]

by ff_and_ski | 2009-11-28 15:45 | ロッドビルディング  

新作の丸竹ロッド
2009年 05月 17日

今年の石徹白FHが6/6~7日に開催される。
丸竹倶楽部は毎年ブースを出展しているので、今年も新作および改良ロッドを持っていこうと思っている。
e0173794_16581059.jpg

写真の右から7フィートちょっとの#4でかなり軽快なアクションに仕上げている。
左の2本は6フィート半の#3でバット部分を作成しなおしたもの。
キャストしたときにバット部分がシャキッとしていないとどうにも気持ち悪いので改善した。
その関係で、バット部分は矢竹、ミドルおよびトップはスズ竹を使用している。
また、トップ先のガイド1~1.5個分は真竹の削り出しにしている。
これは、穂先の調子を合わせてフライラインのループを形成するためにデザイン的な好き嫌いに関係なくどうしようもないところ。
[PR]

by ff_and_ski | 2009-05-17 16:26 | ロッドビルディング  

布袋竹のロッド改造
2009年 03月 07日

昨年の石徹白FHでお会いした「しの坊」さんから頂いた布袋竹のフライロッドの改造です。
一度作り直したのですがまったく×だったので再挑戦です。
トップの1/2のアクションが良くなかったのでスズタケと真竹削り穂を繋いで見てアクションを見る。
e0173794_22293423.jpg

全体の曲がりの中で矢印で示すところが気持ちちょっと弱い。
トップ部分はフライロッドとしてこれ以上細くはできないので仕方ないか。
e0173794_22294966.jpg

キャスティングするときに穂先より此処の部分が遅れて復元されるので、結果としてトップが落ち着くタイミングが遅れるのでベリーの緩みと気持ち悪いフィーリングになると思う。
ただ実際に振ってみないとその影響度はわからないですが、だめだったら補強巻きでごまかすか。
トップ全てを作りなおしたほうがロッドとしては良くなる可能性があるのですが、せっかくの布袋竹が台無しになってしまいます。
そうだ、今年の石徹白FHで布袋竹のトップ部分を誰かに貰って再度作り直しだ。
詳しくはこちら
[PR]

by ff_and_ski | 2009-03-07 17:11 | ロッドビルディング  

間に合わない
2009年 02月 22日

昨年から作成していた丸竹ロッド。
今がこの状態では来週には絶対に間に合いません。
e0173794_1524165.jpg

そうです、3月1日の解禁は蒲田川へ釣り仲間と出かける予定です。
宿泊はいつものゲストハウス リ・ライズです。
釣り仲間の前日予定は梓川で釣りでしょうが、私は野麦峠スキー場でスキー予定です。
フライフィッシングとスキーをするものにとって2月から4月までは忙しいんです。
[PR]

by ff_and_ski | 2009-02-22 15:31 | ロッドビルディング