カテゴリ:音楽( 5 )

 

一羽のすずめに
2011年 02月 25日

YouTubeで見つけてしまった。

「天使にラブソングを2」でピアノの前でデュエットしている曲。
もう鳥肌もの・・・。
[PR]

by ff_and_ski | 2011-02-25 00:30 | 音楽  

SWEET MEMORIES
2010年 11月 18日

こんな楽譜が出てきた。
演奏した記憶が無いんですけど。
e0173794_2241207.jpg

この曲って、判る人には懐かしいと。
ペンギンズ・メモリー 幸福物語。
先月だがサントリーBOSSのCMで再登場した。

もう一つ再・再登場して欲しいのはJR東海のアレやらコレやら。
1990年前後に放送され2000年に再登場した。
あれから10年。
そういうことで今年は2010年だよね。
「何世紀になっても会おうね」だから、製作するにもかなりハードルが高い。と思う。
色んなエクスプレスがあったが全て上質な何十秒の映画だよね。
名古屋駅も変わったから、粋なところを見せて欲しいJR東海。
[PR]

by ff_and_ski | 2010-11-18 00:48 | 音楽  

Mr Kelly's
2010年 09月 26日

家を片付けていたら色々と懐かしいものが出てきた。
そのひとつに80年代の豊明にあったミスターケリーズというジャズ喫茶の写真だ。
e0173794_22464868.jpg

週末にはライブも行っていて名古屋のミュージシャンのライブやアマチュアによるジャムセッションも行われていた。
当然だが毎週入り浸っていたのを思い出す。
最近はめっきり音楽自体をきかなくなったのだがミスターケリーズといえばサラヴォーンのアット・ミスター・ケリーズだが無性に聴きたくなった。
e0173794_2247569.jpg

残念ながらレコードプレーヤが無いので聴けません。
[PR]

by ff_and_ski | 2010-09-26 23:14 | 音楽  

一枚のアルバム
2009年 03月 22日

人にはそれぞれ忘れられない「一枚のアルバム」というものがあると思う。
私にも人生を変えてしまうような一枚がある。
その忘れられない一枚は何かといえばチック・コリアの「リターン・トゥー・フォーエバー」だ。
このアルバムが発売されたのは確か1970年代の始めころだったと思う。
そしてこのジャケットの図柄は海面の近くをカモメが一羽飛んでいるだけのいたってシンプルなものだった。
このアルバムに収録されている「What Game Shall We Play Today」は何処かの自動車メーカーのコマーシャルに使われていたこともあった。
e0173794_139318.jpg

このアルバムが発売された1970年代の始めころは私が専門学校へと通っていた頃だった。
高校3年生当時の話になるが、私は高校卒業後の進路を決めかねていた。
このまま就職してしまうのも何となくいやだった私は、高校の姉妹校となっている専門学校へ進学する事にした。
ちょうどコンピュータに興味を示したこともあって勉強をしたいと考えたことも少しはあった。

それはさておき、私が音楽に興味を示していった経緯を話そう。
話は1960年代の後半にさかのぼる。
このころの一大イベントは何といっても「ビートルズ日本武道館公演」で間違いない。
1966年6月のことで、これほど日本の音楽産業に影響を与えたことはなかっただろうと思っている。
この後に、日本では「グループサウンズ」の全盛時期を迎えることになる。
私が、多感な中学生のときだ。
しかし、私が高校へ進学するころには「グループサウンズ」が次第にに下火へとなっていった。

では、私が高校生の時代はどうだっただろうか。
それは1970年前後のことでありフォークソングが全盛になって行くころだと記憶している。
S&GやPPMといったところか。
そういえばジャズのことを教えてもらったギタリストはPPMから始まったと言っていたが、日本のフォークシンガーはどうだったかというと私は全く詳しくない。
この時代は誰もがギターを手に入れ、そして練習した。
この時代ではギターが弾けるということは一つのステータスだった。
ご多分にもれず私もギターを手に入れて練習したがフォークソングにはあまり興味を示さなかった。
やはりビートルズだった。

高校卒業後に専門学校へと進んだ私は軽音楽部に入部するが自然にロックミュージックへと傾倒していく。
そして軽音楽部で一緒になった仲間とロックバンドを結成したのもこれまた自然な流れだ。
しかし何故かベースを担当してしまったのだ。
まあ、バンドを結成しようと言い出すのは決まって上手くギターを弾く奴だ。
このころのベースを担当するというのは、ギターの上手さで決着するか楽器の経験がない奴が担当するのが一般的だった。
何といっても最初からベースをやりたいって奴はいなかったからな。
そして、このころの一番のイベントといえばなんといっても学園祭だ。
さすがにこの日ばかりはスター気取りだ。

このときにひょんなことから「リターン・トゥー・フォーエバー」を聴いてしまった。
ロックミュージックに傾倒していた私には、カルチャーショックと言えるほどに新鮮だった。
まさに後頭部を強打されたような衝撃を受けたものだ。
そして、その時期と同じくして専門学校を自主退学の道へと進行していった。

あのころ、このアルバムに出会っていなければ違った人生になっていたかもしれない。
といっても、今の人生を悔やんでいるわけでもない。
むしろ、出会って良かったと思っている「一枚のアルバム」だ。
[PR]

by ff_and_ski | 2009-03-22 01:41 | 音楽  

ジャズシンガー
2009年 03月 12日

2003年頃のメモより。

'70年代の初期、私が学生だった頃のお話。

名古屋駅の前にラテンクォーターというジャズ喫茶があった。
確か第三堀内ビルの地下にあったと記憶している。

専門学校時代、といっても一年で退学してしまったが、
一緒にバンドをやっていたドラマーのA君と、
ジャズライブを良く聴きにいった。

今ではジャズライブのあるお店は沢山あるが、
その当時はラテンクォーターぐらいか。

考えられないことだが、
お店に入るとき整理券を渡された記憶がある。
つまり時間制限があったんです。

そこでは3~4グループが順番に演奏していた。

その中にジャズボーカルがあった。
私は彼女の歌が好きであった。

それより月日は流れて、
私がジャズをしていた頃、
一度だけお話をさせて頂いたことがある。

実はその人のレコードを1枚もっているんですが、
ちょっと不本意。
なぜか、ほとんど歌謡曲・・・。
e0173794_0555541.jpg

今でもライブ活動されていますが、
機会があれば、
いちど聴きに行きたいと思っている。

当時のスキャットは健在だろうか?
[PR]

by ff_and_ski | 2009-03-12 00:57 | 音楽